■けいつ〜の今日も一日楽しかった? part-2■

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・信州あっちこっち vol.1 車山ニッコウキスゲと白樺湖

<<   作成日時 : 2013/07/21 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像長野県に移り住んで16年だったか・・・もうそんなになるかなぁ。

長野県のほぼ中心の松本に来て、放射状に脚を伸ばすといろんな観光地がある魅力的な場所であることき気がついて、あっちこっち行きました。今後はその信州の観光スポットをまとめていきたいと思います。深センと同じように、長野県にもいつまでいられるかわからないですからね。

タイトルは、以前、ブログ書く前・・・・ブログなんてものが出現する前かな。ホームページにあったコーナーのタイトルです。更新していないんで、結局そのまま放置されてますが・・・「続・信州あっちこっち」として復活させます。(笑)

ちなみにこちらが以前のホームページね。13年後に家族がバラバラになるとも知らないで、なんと家庭的なホームページなんでしょう。心が痛みます。(涙)

花鳥風月ホームページ

さて、続編の信州あっちこっち、第1回目は・・・7月のこの時期、車山のニッコウキスゲしかありません。高校の時の修学旅行で車山を訪れて初めて見て以来、すっかり虜になってしまいました。松本に来てから、ほぼ毎年、見に来ていたのですが、深セン送りになってからは、帰国時期が合った時だけ見に来れました。

一番最近来たのは・・・2009年の7月20日だから、4年前ですね。

「ええぃっ!ニッコウキスゲ昨日見られなかった人のために!」

ははは。この時は、渋滞してたのと天気が悪かったので、2日続けて行ったようですね。私もやりますね。やっぱりニッコウキスゲが咲く時期はほぼ同じ。7月20日頃のようです。たしか修学旅行も夏休み入ってすぐだった。今はバイクがないので、渋滞にはまったら大変と、朝8時に家を出ました。45分後にはもう霧ヶ峰に着きましたが、9時前にもかかわらず、もう関東ナンバーの車やバイクがウヨウヨいます。

霧ヶ峰から東の方を見渡すと・・・・写真の中心あたりに先日、世界遺産に登録された富士山のアタマがチョコンと見えます。ちなみに左側の山は八ヶ岳ね。おぉ、富士山山頂に大勢の人が手を振ってるのが見える・・・・わけないか。(笑)

渋滞になるほどではなかったですが、ニッコウキスゲのポイントとなる駐車場は、満車です。15分ぐらい待って車を停めました。たぶん、午前中にはこの駐車場を中心に上下線とも渋滞するはずです。

画像おぉ!咲いてる咲いてる。緑にオレンジ色の絨毯のように広がるニッコウキスゲ。カメラマンがたくさん・・・・しかも年配の・・・みんなスゴイカメラ持参してます。実はちょっと時間が早かったので、花がまだ開いていないような・・・昼間の方がもっとパーッとオレンジ色が広がってるかもしれません。










画像ん?4年前と違って柵が二重になってる。たしか前はもっと接近して撮れたはず・・・と、柵のスキマからカメラを突っ込んで、写真を撮ろうとしたら・・・

バリッ!

・・・・・なんだ?

バリッ!

いてて・・・・あ、もしかして・・・・・看板立ってました。

「柵には鹿よけのため電気が流れてますので、触れないようにしてください。」

マジすか?どうりでみんな遠くから写真撮ってるはずです。それにしてもこの柵、ジャマだなぁ。



画像で、なんとか感電しないように手を入れて、写真撮れました。でもアングルが限られてしまうので・・・・不完全燃焼ですな。

しかし・・・この電線・・・100Vほどではまかったですが、ちょっと痛かったですね。










画像柵の外側に咲いていた一輪をアップで撮ってみました。可愛くて奇麗ですね。1年にこの時期だけ、しかも標高の高い場所でしか咲きません。これで来年まで悔いは残らないです。

さて、関東ナンバーのバスや車が上ってき始めたので、この空域から離脱します。今回はインプレッサですから、このままでは身動きがとれなくなってしまいます。とっととビーナスラインを白樺湖方面へ抜けて行きます。

久々のビーナスラインは面白かったですね。途中、カワサキの ZX−9Rか何かが後ろについて来たので、振り切ってやろうかとしばらく遊んでましたが、タイトコーナーが続くとバイクよりも4輪の方が有利ですね。突っ込めるし、強引に踏んで行けるので、リードできます。

が、ちょっと直線があったり、高速コーナーではすぐに追いつかれてしまいます。当たり前ですね。こっちも車重があるので、ダウンヒルではスピードが乗ってると、ヤバイです。ラインもバイクほど自由度がありませんから。で、結局、高速コーナーの続くところで置いていかれました。あ〜、こういうところで本当にバイク乗ってる人に劣等感じるんだよなぁ。早くバイク復活したい・・・・



画像いやぁ、それにしても天気いいですね。霧ヶ峰は標高1500mから1900m。暑くもなく寒くもなく、風が気持ちいいですね。何度来てもいいところです。













画像そこから15分ぐらい走って行くと、蓼科山と白樺湖が見えてきます。ここも修学旅行で来たんだよなぁ。たしかこの湖畔のホテルに泊まったような・・・霧ヶ峰とは対照的に人がいない・・・・寂れ具合がたまらんですね。















画像時間が早かったせいか、この白鳥のボートに乗る人も1組だけ。まぁ、今更、足こぎボートってのもねぇ・・・












画像ボート乗り場の桟橋にコイのエサが100円で売ってまして。水の中をのぞきこむと、エサをくれるのかと思ってコイがウヨウヨ集まってきました。カルガモの親子までやってきて・・・・こうなると、エサをあげるしかありません。(笑)

お椀にいっぱいの麩が100円です。砕きながらあげると・・・狂ったようにコイが水面に出てきます。その上をカルガモがヒョイヒョイと飛び越えて、麩をかっさらっていきます。さすがにコイもカルガモの素早さには勝てません。(笑)

私がひとりでエサをやってると、観光客が10人ほど集まって来て、人だかりができました。皆さんに楽しんでいただけたようで・・・100円は安かったですね。面白かったです。これオススメですね。

さびれた人工湖、白樺湖の湖畔の木陰が気持ちよくって・・・・しばらくボーッとしてました。ここで本などを読んで過ごすのもいいかもしれません。観光客も少なくて静かでいいです。

さて、お昼近くになってきましたので・・・・カツカレーを・・・で、今週の茅野のカツカレーレポートにつながります。

これからも信州の観光スポット、紹介していきますね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
霧が峰いらしたのですね。標高2000mから見上げる空、きれいですねぇ・・なんだか泣きそうになりました。ニッコウキスゲのきれいなこと!こんなに見事に咲くニッコウキスゲ初めて見ました、感動です! カルガモの親子可愛いですね、子ども達、少し大きくなっていますね。けいつ〜さんエサをあげたのですね。私もこのあいだ雨の日に小石川後楽園でカルガモの親子にお麩をあげてきましたよ。すごい勢いで食べていました。食べはぐれた子はいないか満べんなくあげてきましたよ。
Carrie
2013/07/21 20:15
>Carrieさん
そういえば、Carrieさん、先日霧ヶ峰に来たって言ってましたよね。

ニッコウキスゲは緑に映えるオレンジ色だからより奇麗に見えるんだと思います。毎年、この時期は楽しみです。

カルガモにエサやり・・・特に子カルガモにあげるのは面白いですね。
けいつ〜
2013/07/21 22:56
ちょっとちょっとけいつ〜さん、美脚とかないのですか?
これでは地味過ぎます(笑)

2013/07/23 12:18
>達さん
ははは、深センに較べると、美脚に遭遇する確率がガクッと減ってしまいましたもので・・・達さんを見習って美脚探します。週末は海にでも行くか。
けいつ〜
2013/07/25 06:25
けいつ〜さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
車山のニッコウキスゲ、見事ですね。私も大好きな思い出の場所です。
信州はいいところが多くて羨ましい〜。
そして私も実は美脚ふぇちです(笑)
みや
2013/08/01 22:30
>みやさん
いらっしゃい。これからもよろしくです。
おぉ!車山、思い出の場所ですか・・・・どんな素敵な思い出なのでしょう。

私の場合、実は高校の時に修学旅行で来て、その時に知り合った他のクラスの女の子と付き合うきっかけになったのが、ここだったんですね。今でも思い出します。あの頃は純粋だったなと。

ニッコウキスゲはピークは過ぎたようですが、まだ咲いているようです。来週いっぱいまでかな。

美脚ふぇち?・・・・気が合いますね。って、みやさん女子でしょ?(笑)
けいつ〜
2013/08/02 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・信州あっちこっち vol.1 車山ニッコウキスゲと白樺湖 ■けいつ〜の今日も一日楽しかった? part-2■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる