■けいつ〜の今日も一日楽しかった? part-2■

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夜中のBar・・・ vol.3 高松 福田町 「HOUSE OF JOHN BARLECORN」

<<   作成日時 : 2018/02/12 13:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

画像高松の同級生のW木さんが、
「ここになんかやってるのかやってないのかわからん店があって、前から気になってる」
とのことで、じゃ行ってみようと。

本当に暗がりの中にほんのり明かりが点いてるくらいで、お客さん来てくださいって感じがないです。知ってる常連さんぐらいが、扉を開けられるような・・・・そんなお店。















画像が、開けてびっくり。カウンターの後ろにも前にも、びっしりと並んだウイスキーのボトル。ただものではない。部屋の中が一段と暗くて・・・・怪しさを醸し出してますね。マスターがまたいい。私たちより少し年上で、高松出身の人だとか。

このお店、シングルモルトバー。私たちもそんなにウイスキーに詳しいわけではないので・・・・いや、この店のボトルを見ると、かなりディープでマニアックなスコッチが揃ってるようです。マスターもその辺は理解してくれて、どういうのが好きですか?って感じで、好みに合ったお酒を選んでくれます。一見さん、初心者にも親切ですね。















画像女の子と二人で来てもいいですけど、やっぱここはひとりで飲みに来たいお店ですね。




















画像会員制のスコッチモルトウィスキーソサエティーのボトル。これって樽のロットごとのボトルを売ってるようです。まさに樽ごとに微妙な味やアルコール度数が違うので、普通はまたそれをブレンドして調整するとか。モルトウィスキーってのは混ぜてないはずなんですが、マスターによると、「モルトウィスキーも樽ごとに違うので、うちは結構いろいろなロットを揃えてるんですよ。」だそうです。

ロットごとのタイトル: Dark and dangerously good / 濃くて、魅惑的に美味しい
ときて、このウィスキーの表現が・・・[ノーズ] クルミ油、ピスタチオ、新しい皮、フルーツ、ナッツのチョコレートの香りが穏やかに、そして確実に浸透してくる。ろうそくのような香りの後に濃く魅惑的ないちぢく、デーツ、糖みつ、とても熱狂的な香りのブラックチェリーとダークチョコレートのブラック・フォーレスト・ガトーケーキ(サワーチェリーのチョコレートスポンジケーキ)。 [パレット] シナモンロールとスパイス・オレンジのスパイシーさ、美味しいラムレーズンのアイスクーム、塩キャラメルと溶かしたバターがフィニッシュへと導く。 20年Oloroso buttで熟成、その後1st Pedro Ximinez buttにて熟成。

ほんまかい?(笑)そこまで味や香りが連続して・・・わかる?






画像シングルモルトだけでなく、カクテルもできますよとのことだったので、私はいつものように「ウォッカマティーニをステアじゃなくてシェイクで。レモンピールを添えて・・・」「007のヤツですね。わかりました。」

くーっ、さすがわかってるぅ。・・・・けど、レモンピールがないですけど・・・まぁいいか。


















画像友達は、なんかマスターに勧めてもらったウィスキー。



















画像なんだっけ?忘れた。すぐにメモしないと・・・



















画像とにかく、4人で乾杯。明けましておめでとう!・・・さっきやったじゃん。(笑)



















画像乾きもんのつまみですが・・・・ちょっと変わってますね。ポップコーンがうまいという噂もあります。手前はカボチャのタネとかヒマワリのタネ?奥のはジャイアントコーンですか。

「お店の名前はなんでしたっけ?(看板があったような気がしなかったので・・・)」

「ジョンバリコーンです。」

「ジョンバリコーン?前からありましたっけ?」

「○○年前からやってます。以前は△△にいました・・・(すみません。忘れました。)結構、芸能人の方も来られるんですよ。甲斐よしひろとか、小田和正とか、布袋寅泰とか。そこに座ってたのが甲斐よしひろで、そこが小田和正です。」

ははは。そんな風に来るお客さん、みんなに説明してるんだろうなぁ。高松の芸能事務所の関連の人から聞いて、やってくるらしい。






画像 では、私もスコッチをいただこうかと。
「スコッチといえば、ハイランド産じゃないですか?ハイランドのやつでおすすめはありますか?」

「では、これはいかがでしょう?クライヌリッシュの18年 1997年もの」

「いただきます。」

・・・・・すみません。味も香りも忘れました。また飲みに行きます。(涙)

こんな感じで、真夜中のバーのひとときを友人と過ごしました。

「HOUSE OF JOHN BARLICORN」

住所:香川県高松市福田町8-10 ローズガーデンビル1F

交通手段:ことでん瓦町駅から348m 徒歩5分

電話:不明

営業時間:19:30〜翌2:00

定休日:日曜日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 ひょえええ。かっちょええとこですねぇ。
Nyanta
2018/02/12 13:40
>Nyantaさん
こういうとこに連れて行かれたら、イチコロでしょ?(笑)
けいつー
2018/02/12 14:29
 ん〜、そんで、バーテンダーさんとお酒の話しとかしてても、ほっといて、にこにこしててくれたらね。
Nyanta
2018/02/12 19:16
>Nyantaさん
ほー、そうきたか。(笑)
けいつー
2018/02/12 20:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夜中のBar・・・ vol.3 高松 福田町 「HOUSE OF JOHN BARLECORN」 ■けいつ〜の今日も一日楽しかった? part-2■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる