至福のイス Vol.4

画像今回は某工場のホールにあったベンチ状のイス。

一見、なんでもなさそうな長椅子ですが、これが意外。フワーッとして身体を包み込むような感じです。椅子の本質はいかに体重を分散させて、単位面積当たりの荷重、私たちの専門用語で言えば、「面圧」を小さくするかです。

これを小さくすることによって、局部への荷重の集中をなくし、身体への負担を軽減します。フワーッとするということは、接触面積が大きいということ。接触面積が大きければ必然的に面圧は小さくなります。これが座り心地のいいイスのメカニズムのひとつと思います。いいイスは座ると眠くなる・・・気がします。

この逆が硬いイス。硬いイスというのは接触面積が小さい。だからある一部に体重が集中し、痛くなってくる。座り心地が悪い・・・ということです。

さらにこのイスの工夫は、微妙に座る部分に角度がついていること。これによって、体重が背もたれにも分散します。この効果により面圧はさらに小さくなって、もっと気持ちよくなります。

なんでもない工夫ですけど、こんなことでとても癒されるイスになるんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年04月21日 06:15
待ってました!!笑
語りますねぇ(^^)v
さすが椅子評論家
なるほどって納得しちゃいました
2011年04月21日 07:53
なるほど、合点(^^)v
けいつ~
2011年04月21日 12:37
>りっちゃん
待ってたか?ありがとう。また気持ちいいイスを探しますよ。

>達さん
納得いただいたようで嬉しいです。また新しいイス探しますね。
Carrie
2011年04月24日 10:21
けいつ~さん、流石でいらっしゃいます!
この長椅子見ただけでは解りません。座って納得、聞いて納得の癒しの椅子なのですね。
家具売り場に出向いたときに、けいつ~さんのように科学的なご説明をいただけたらフムフムなるほど・・と感心して迷うことなく買ってしまいそうです。
けいつ~
2011年04月24日 23:19
>Carrieさん
まぁ、いつもの口から出まかせです。(笑)家具売り場で働けそうでしょうか。ニトリかIKEAあたりに就職しようかしら。

この記事へのトラックバック