癒しのカフェ vol.26 【定期監査】 霧ヶ峰 「ころぼっくるひゅって」

画像ビーナスラインを走って霧ヶ峰に来ると、お約束のようにここに来ます。ころぼっくるひゅって。前回レポートは2年前ですね。

サイフォンで淹れてくれるコーヒー。ちょっと苦くて好きです。いつものようにテラスで風景を楽しみながらいただきます。
天気もよくて最高ですね。

県外から来たらしい年配の人のグループがいくつか。ニッコウキスゲを見に来たのでしょう。東北なまりっぽい気がします。















画像お店の入口。フランダースの犬のネロとおじいさんがパトラッシュに運ばせてた牛乳の缶。いいですねぇ。牧場の風情を感じます。

「山小屋の風情を御理解の上、入店ください」

どういう意味かって?これ店主さんが遠回しに言ってること、言いたい人に理解できますかね。もっと直接的に書かないと理解できないと思います。

このお店、標高1800メートルの山の上にある山小屋ですので、いろんな物資も下から運んで来ないといけない。水道なんかもないですから。電気は来てますけどね。トイレなんかも不便でしょうね。一見、おみやげ物も売ってるし、喫茶店のような作りになってますが、下界のお店のようになんでも不自由なく使えるわけではない・・・・たぶん、水のことじゃないかなぁと思うんですが。

まぁ、あれこれサービスができるわけじゃないですよってことかなぁと思います。私も山登りはしないんで、山小屋の実態を知りませんから。






画像
お店のそばにこんな碑が。1956年?61年前ですか?私の生まれる前?すごい。そんな昔からずっとあるんだ。

標高1820m、北緯36度6分 東経138度12分がこの位置です。

















画像「キスゲに寄す」・・・・一応、シャレでしょうか?さとう宗幸の歌のようです。こんな曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=oFvMAAcn6FY

13分あたりに出てきます。歌詞の中にも「霧ヶ峰」という地名が出てくるので、ここのニッコウキスゲを歌った曲ですね。上高地音楽祭で、さとう宗幸本人が歌ってます。懐かしい方ですね。

これいつ?2015年?青葉城恋歌のさとう宗幸、まだ元気なんですね。














画像さて・・・・カッ飛んで下りるぞ。

あと3ヶ月の命のGDA。まだ調子よく走るんですよねぇ。久々に6000rpm近辺まで回して走りました。気持ちいい~。ターボ最高ですね。燃料計の減り方が早かったですが。(笑)

回したおかげか、エンジンのレスポンスもよくなりました。プラグがいい感じに焼けたんでしょうか。やっぱりたまには回さないといけないですね。























画像山小屋カフェ  「ころぼっくるひゅって」

住所:長野県諏訪市上諏訪霧ケ峰車山肩

交通手段:JR中央本線、上諏訪駅より強清水(こわしみず)経由茅野駅行
茅野駅より強清水経由上諏訪駅行「車山肩」バス停より徒歩1分

電話:0266-58-0573

営業時間:8:00~16:30  夏季は早朝より日没まで

営業期間:4月下旬~11月末(たぶんビーナスライン開通時)

定休日:営業期間中は無休

ホームページ:http://homepage2.nifty.com/koro-1956/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック