湯けむり探検隊 うさぎちゃんを探して vol.28 群馬 鹿沢温泉「鹿の湯つちや」

画像嬬恋にキャンプへ行った帰り、いつものように温泉を探しました。山裾に数軒の温泉宿がある、ちょっとひなびた温泉街、鹿沢温泉を見つけました。

前回の野沢温泉も同じですが、温泉街は観光客は少ないですねぇ。まぁ、人が少ない方がゆったり入れるのでいいですが。数軒並ぶ旅館の中から、「鹿の湯 つちや」を選びました。いい味を出してる旅館です。

玄関を入ると、こんなに大きなクマの毛皮が貼ってありました。この辺で捕獲されたんでしょうねぇ。お昼前の旅館、だいたいどこも同じですが、チェックアウトの後なので、お客さんもいなくてシーンとしてます。フロントにいたご主人に日帰り入浴料500円を払って、中に入りました。

















画像むかし懐かしい感じの旅館です。突き当たりに見える「湯」の文字は、今は亡き、岡本太郎デザインのものだそうです。群馬県の温泉協会で使用しているようです。

あ、ゲームコーナーがある。

















画像ゲームセンターCXの「たまに行くならこんなゲームセンター」、略して「たまゲー」に出てくるような雰囲気のゲームコーナー。スロットマシンにパチンコ。湯上がりのおじさんたちが、浴衣で遊んでる姿が目に浮かびます。





















画像トイレではファンヒーターがついていました。山の方では寒いですからね。トイレは凍ってしまいます。





















画像男湯は、山乃湯。定期的に女湯と入れ替わるようです。




















画像ほんとに私1人で貸切で・・・・・いいですねぇ。




















画像露天風呂はなく、この内湯がひとつだけ。外の景色は眺められますが、川が流れてるわけでもなく、ただ山の斜面が目の前にあるだけです。

特にイオウ臭はしません。お湯の中には茶色い湯の花が浮かんでることから、源泉っぽいですね。かけ流しか加温循環かはわかりません。昭和な感じの温泉でいいですねぇ。

温泉独り占め。湯船の中で思う存分、身体をのばして入れるってのはいいですねぇ。気持ちいいです。














画像恒例のドライヤーチェック。残念、パナソニックが2台。





















画像EH-NE13。パナソニックでも安い方の機種ですね。電源コードがねじれつつあります。





















画像湯上がりの一杯は、不二家ネクターピーチ。これ好きです。





















画像玄関には番犬が。最初吠えられましたので、噛まれるかと思った。つないでいるリードが異常に長くて、リードの意味をなしてない。




















画像噛まれるかと思いましたが、大丈夫のようです。別れを惜しんでくれてるようです。

ここにもうさぎちゃんはいなかったですねぇ。では、また。


















画像
「鹿の湯 つちや」

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村田代1017-59

電話:0279-98-0314

料金:大人 500円

温泉名:鹿沢温泉 山乃湯

泉質:マグネシウム・ナトリウム 炭酸水素塩温泉

泉温:45.5℃

水素イオン濃度:PH6.6

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

シャンプー、ボディソープの設置あり

ホームページ:http://www.sikanoyu.com/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック