癒しのカフェ vol.36 【定期監査】 志度「オレンヂジャム」

画像これが最後の高松ネタ。「NORTH SHORE」でモーニング食べた後、車で国道11号線を東に走り、志度までやってきました。

「あ、オレンヂジャム寄って行こう。」

ちょうど開店する時間だったので、今日はお店やってるかなぁと思ったら、開いていました。マスター気まぐれで店を休みにしたりしますので。前に来たのは・・・・あれ?2年半前?そんなになるかなぁ。

お店に入るなり、マスターが

「いらっしゃい!お?ひさしぶりやの〜。いや、俺、ついてないんやぁ〜。」

「え?」

開店してたぶん、15分くらいだったので、お店にはお客さんは私ひとり。カウンターに座るなり、また話好きのマスターの話がいきなり始まりました。(笑)前に来た時には、お店の裏の方の敷地を工事してて、なんか作ってたのですが、コンクリートで仕切って、なんか建物が建ってた。

「やっと裏のができての。これがなかなかできんかったんや。コンクリート打つ若いもんが、素人みたいなやつでの。これが仕事が遅ーて、俺が自分でやろうかと思うた。」

「そうなんや。」

「パドルボードした後で、シャワーする場所作ったんや。その上のテラスみたいなとこでバーベキューもできるしな。」

画像
「あ、ええなぁ。あれ?店の中改装したんな?」

以前はテーブルがあった方が、雑貨なんかを置いてる店販スペースになって、店販スペースだった方にテーブルが移動していた。

「うん、こっちの店販の方を閉めて、こっちだけやれるやろ?」

こっちの店だけ閉めるって・・・ただモノを置いてるだけのスペース、なんか閉める理由があるかなぁ・・・・どう考えても儲かってるとは思えない。お客さん、1日に何人来るのか・・・喫茶の方も含めてマスターの趣味でやってるとしか思えない店じゃないか?・・・と思いつつ、いつものベトナムコーヒーをオーダー。コーヒーが落ちるのを待つ。












画像「車、変えたんやな?」

「うん、もう15年も乗ったから。」

NORTH SHOREでもサーフボードを置いていて、ここの店でもボード置いていたので、かつてサーファーだった?私は

「最近も波乗り行っきょんな?」

「行っきょるで。そういえば、この前な、大学生の男の子が、マスター俺、サーフィンやりたいんやけど、どこまで行ったらできるかのぉ。って聞くけん、高知の方行ったらできるで。って言うたら、車で行かないかんよなぁって。」

「うん、そりゃ車で行かな行けんわな?」

「車持ってないんやって・・・・そしたら友達とか、まぁ、俺が行く時に乗せて行ってもええけど、ガソリン代とか割りカンで・・・・って言うたら、そうやのぉって・・・・お金かかるなぁ。やっぱやめとくわって。ほんまになんちゅうか、情熱がないっちゅうか。俺らが若い頃は、こんなんじゃなかったよなぁ。」

「ははは。たしかに。俺も久々に波乗りやろうかなぁ。」

「もう長いこと乗ってないやろ?いつ頃やっりょったん?」

「いやいや、大学生の頃やから、もう30年ぐらい前や。」

「あぁ、それはもう乗れんわ。」

「乗れんかなぁ。」

「連れで、長いこと乗らんかったヤツがやっぱり、久しぶりにサーフィンしたら、もうさっぱり乗れんかって・・・・そうそう、ロングボードにしたらええわ。あれ、意外に面白いで。」

「ロングボード?ハワイとかにある、あのものすご長いヤツ?」

新婚旅行で行ったワイキキビーチで、レンタルで借りたロングボードを思い出した。

画像

「そうそう。あれ浮力があるから大丈夫やわ。疲れたらボードの上で昼寝もできるし、パドルで漕いだらボードパドルもできるしな。」

「いやいや、そりゃそうやけど、かっこ悪いやん。(笑)やっぱショートのやつがええなぁ。」

「いや、ほんまに乗れんで。ロングボードにした方がええわ。」

「そうかなぁ。松本からやったら・・・新潟の方もポイントあるかなぁ?」

「あるある。たしかあったわ。」

冬はスキー、春、秋はキャンプ、これに夏は海水浴にサーフィンが加われば完璧である。(笑)いや、サーフィンは、ウェット着て、春から秋までやるから。香川に帰ってきたら、スキーは遠くて、なかなか行けんようになるから、サーフィンかなぁ。





画像「タバコはテラスやったな?」

「うん、そこで吸うて。」

ちょっと狭いけど、テラスのテーブルで一服。あ、ここにちょうどサーフボードあるじゃん?これもらって帰ろうかなぁ。(笑)

しかし・・・なかなか高速に乗らんで、こんなとこで道草して・・・・まぁ、急ぎの旅でもなし、夜までに松本に着けばいいし・・・こういう行き当たりばったりな旅?もいいものである。














画像話がまた長引きそうな感じだったので、適当な頃合いを見計らってトイレに行って・・・・と。

「あ、ちょっと待って。エアータオルの電源入れてなかったわ。」

とエアータオルのコンセントを挿して・・・・

相変わらずのアーリーアメリカンな水洗式のトイレ。いいですねぇ。(笑)トイレから出てきてもまだマスターの話は終わらず・・・・あいづちを打ちながら、おもむろにポケットから財布を出して、お金を払いながらもまだ話は終わらず・・・・(笑)

「ほな、また来ますね!」

で、強制的に話を終わらせました。いや、マスターの話も面白いんですけど、ほんとに帰れんようになるから。










画像そういうわけで、やっと高速に乗って・・・・鳴門大橋を渡って・・・・淡路島渡って・・・・神戸に渡って・・・・松本まで帰って来ました。

やれやれ。やっと高松のお正月ネタ終わった。1ヶ月半かかったな。(笑)お付き合いありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック