ぶらぶら美術館めぐり vol.6 「国立新美術館 ルーブル美術館展」

画像東京ネタです。最近、東京へ行く機会も公私ともに多くて・・・・今回はプライベートですね。

ひさびさの美術館めぐりです。国立新美術館で「ルーブル美術館展」をやっていましたので、観てきました。



















画像このポスターを見ると、ルーブル所蔵の絵が観られる・・・・と期待していたのですが・・・・



















画像六本木にある国立新美術館。至福の椅子でも書きましたが、この建物の中はどこを見ても絵になる・・・センスいい場所です。かっこいい。






















画像写真撮れるのはこの入口までですから・・・・まぁ、人が多かったですね。やはり、私よりも年上の女性の方が比率は高いですね。

絵の見方はいろいろありますが・・・・順番に見ようとすると、どうしても前の人のペースに合わせなくてはいけなくなってしまうのと、同じ人たちと複数の作品を見るというのがどうも煩わしくって・・・・なので、ひとつの部屋に入った時に、私は一番最後の方から反対順に見て行くようにしました。

こうすれば、ずっと二人で絵について会話をする人たちや、じっと動かないおばちゃんや、無駄にでかくて邪魔なおじさんと一緒に回らなくて済みます。(笑)

反対から回っても、前で観ている人の後ろから観たり、人が途切れた瞬間を狙って作品の近くに行って観れば全然問題ないです。











画像そんな風に楽しんでたんですけどねぇ。実はテーマが「肖像芸術」人は人をどう表現してきたか・・・・・だったので、彫像が多かったんですね。

まぁ、彫像は彫像でいいんですけど、やはり私は絵の方が好きですから・・・・半分くらいだったかなぁ。毎回、好きな絵とそうでもない絵がありますので・・・・今回は、お婆ちゃんの絵が一番心に残りましたね。ちょっとその絵がないですけど・・・・・あと、いくつかも心を動かされる絵がありましたので、まぁよしとしましょう。

















画像相変わらず、販売コーナーは人がいっぱいですね。みんないろんなもの買うんですねぇ。私は何も買いませんでしたけど。

また面白い美術展があれば来ましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年09月04日 21:32
お久しぶりです。
ここで草間彌生展を観てから1年以上がたつのねぇ~。
いい美術館ですよね。

肖像画はちょっと苦手。だって、みんな、こっちをみてるんだもん~。
けいつー
2018年09月06日 05:35
>Nyantaさん
また東京へ遊びに行きましょう。自分で定期的なイベントをつくるのもいいですよ。私はそういうのだらけですけど。(笑)
ははは。たしかにみんなこっち見てますね。

この記事へのトラックバック