深センのちょっとだけ長い夜 20180816

画像中国、深センネタです。仕事してたら、例のダーツ、オセロが強い甘甘ちゃんから「けいつーさん、今晩は忙しいの?いっしょにご飯食べよう!」のお誘い。まぁ、ヒマですからいいですけど。

そうそう、その前に芯芯ちゃんも連絡がありまして・・・ただ、彼女は深センではなく、東莞に住んでますので「芯芯ちゃんが深センに来る用事があったら、一緒にご飯食べよう!」

「明日、深センに行くわよ。妹の誕生日だから・・・」

「妹の誕生日かよ・・・・そりゃまぁ、お姉ちゃんと妹と芯芯ちゃんの3人と一緒にご飯食べてもいいけどなぁ。他に男がいるんだろうなぁ・・・・遠慮しとこ」・・・とは言いませんでしたが。(笑)妹もよく知っていますが・・・・妹に会いたいわけじゃないんで・・・・

「ふーん」という返事にしておきました。妹の誕生日は、やっぱり妹が主役でしょうからね。結局、その翌日また東莞に帰りましたから、時間が合わなくて2週間後に私は日本に帰る・・・・となったところで「えー、もう日本に帰っちゃうの?一緒にご飯食べるんじゃなかったの?」って言われてもねぇ・・・・ふつう最初に「いつまで深センにいるの?」って聞くでしょう?聞かないんだもん。

とまぁ、芯芯ちゃんの話はこのくらいにして。

甘甘ちゃんと待ち合わせして・・・・「何が食べたいの?」

「湖南料理に決まっておる!」

「じゃ、近くに私がよく行く店があるから・・・・」

老娜村・・・・あれ?ここ・・・・・黄歓(ふぁんふぁん)ちゃんと来て、満席だから入れなかった店。ははは。この近所は誰と会うかわからないです。(笑)ちなみに後でわかったことですが・・・・・・微信は自分と友達関係の人のコメントしか表示されません。その微信で甘甘ちゃんの書き込みに黄歓ちゃんが「いいね」をしてるのがわかって・・・・・「え?」と思いましたが、この2人は知り合いでした。(笑)同じ店で働いていたわけではないけど友達の友達・・・・と言ってました。ウソか本当かはわからないですけどね。

画像前は満席で入れませんでしたが、この日はなんとか席が空いてました。それにしてもお客さんがいっぱいで・・・・・おいしい店は大抵こんな感じです。




















画像向こうの方に甘甘ちゃんの友達がいたようで・・・・お客さんかなぁ・・・・まぁ、私もお客さんですからいいですけどね。(笑)

中国料理の店・・・・まぁ、みんな大声で喋るわ、笑うわ・・・・・この喧騒が好きですね。


















画像かんぱーい!え?甘甘ちゃんはお茶なの?仕事前だから?・・・・まぁ、いいか。




















画像さぁ、食べるぞー。湖南料理といえばコレだろ?魚頭(ゆぅとう)黄色い唐辛子のやつね。やっぱこれ辛くておいしいですね。身の中に細かいY字の骨がいっぱい入ってますけど・・・・・


















画像豚肉と青椒とニンニクを炒めたやつ。これも辛くてうまいっ!ビールがビールがススムくん。




















画像この店の香辣蝦は、一匹ずつ串に刺さってるやつじゃなくて・・・これでした。まぁ、これはこれでおいしいです。




















画像そして定番の空芯菜とニンニクの炒め物。これもうまいっ!



















画像シメは魚頭の汁に麺を入れていただきます。あの・・・・2人で食べるんですけど・・・・・食べきれないと思います。(笑)この麺もうまいですよねぇ。

甘甘ちゃん、「ちょっと口の中が辛くなってきたから、白酒(ばいじゅう)飲んでもいい?」

「え?辛いと白酒飲むと治るわけ?」

「そうよ。口の中と喉がサーッとするのよ」

「そんな話、初めて聞いたし、自分から白酒(ばいじゅう)飲みたいって言う女も初めて会った。」
















画像
甘甘ちゃん、服務員に言って白酒持って来させました。これこれ、このちっちゃい瓶のやつ。P社から来たかつての副部長がコンビニで売ってるこれが好きで・・・・「アルコール度数に対するコストパフォーマンスが最高じゃ!」と夜な夜な寝る前に飲んでたやつです。これはアルコール度数は40度ですから、まぁそれほどきつくはないですけど。

















画像かんぱーい!甘甘ちゃん、仕事の前には飲まないんじゃなかったっけ?

「ちょっとだけだからいいのよ。あー、私、身体が熱くなってきちゃった。」

「おい、それは俺を誘ってるセリフか?その次は・・・じゃあ、服脱げよ・・・じゃん?」

なんて冗談を言いながら、甘甘ちゃんはグラス3杯ぐらい飲んで、残りの白酒は、私が飲み干しました。まぁ、これぐらいはガラス工場の総経理に比べりゃなんでもないです。

でも料理はさすがに全部食べられなかったので、打包(だーばお)持ち帰りにしました。これが中国の常識です。











画像打包は・・・・家で自分が食べてもいいし、でも大抵は一緒に住んでる同僚や友人、兄弟姉妹に食べさせるために持って帰ることが多いです。

今回は・・・お店にいたじんじんちゃんや他のお姉ちゃんたちにあげました。カウンターの中で喜んで食べてました。よかったよかった。
















画像じんじんちゃん、かんぱーい!

え?甘甘ちゃん?・・・・実はだいぶ前にアップしましたよ。

カクテルゴッドファーザー

これに続きます。(笑)これが甘甘ちゃんでした。













画像はいはい。また甘甘ちゃんにダーツで勝てなくて・・・・




















画像ビリヤードで勝負だ!・・・・




















画像甘甘、ビリヤードもめっちゃうまい!



















画像スコーン!ってナインボールも一瞬で負けました。なんちゅう姉ちゃん。

また深センに行ったら遊んでね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年10月29日 09:58
 も~う、かんぜん安全パイのいいおじさんじゃん!
 いいカンジにごちそうしてくれて、遊んでくれて・・・かもじゃん!ダメじゃん!

 でも、このレベルで楽しめるくらいがいいのかもね。うちの知り合い、フィリピーナにはまったらしく、家族に内緒で「出張」に時々行くようになりました^。(それをなぜ、あたいが知っているかはヒミツ。)
けいつー
2018年10月29日 20:36
>Nyantaさん
いえいえ、それでいいんですよ。この日は特に接待もなかったんで、1人で晩御飯を食べるよりは、誰かと食べた方が楽しいですし、中国は基本、1人で食べる店はしょぼい店しかないんです。

こういう大勢でワイワイやる店の方が多いので、ここに1人で来ても2品くらいしか注文できないですからね。そんな人の方がヘンに思われます。2人ならまぁいいですよ。日本ほど高くもないし、一緒に晩御飯を食べることには、日本のような深い意味はないです。「一緒にご飯食べるか?」って言うと、大抵ついてきますよ。下心があるわけでもないし、甘甘ちゃんの店もそんなに高くないんで・・・カモではないです。(笑)

フィリピーナにハマって出張はまずいですね。うちの会社にもフィリピーナにハマってる人が約1名いますが、最後はどう落とし前をつけさせられるのか・・・興味あります。
2018年10月31日 06:46
 興味・・・ありますよ。
 チャイニーズに、落とし前つけさせられた方を知っておりますから、あたい。
けいつー
2018年10月31日 11:38
私も別の形でつけさせられたことがあります。(笑)お金で。

この記事へのトラックバック