全店制覇!さぬきうどん vol.26  高松 亀岡町「ちくせい」★★★★

画像香川うどんネタです。高松に着いたのがちょうど11時半。こりゃ、うどんを食べるしかないなと。どこへ行こうかなぁと思案した結果、そうだ「ちくせい」に行こうと思い、神戸、淡路島、鳴門ルートの瀬戸大橋を渡ってきたその足で、ちくせいに向かいました。


















画像3連休の初日でしたので、県外の観光客らしき人たちでいっぱいです。店の外に続く行列に並びました。15分くらい並びましたかねぇ。

それにしても、うどん屋でこんな行列に並ぶようになるとはねぇ・・・・

















画像こんな貼り紙が。英語と中国語で書いています。外国人もこの店に来るってことでしょうねぇ。現に私の前に並んでいたお姉ちゃんは、香港人でした。

ここまで中国語で丁寧に書いている店は珍しい。きっと近所の香川大学生か、中国人留学生が翻訳してくれたんでしょうねぇ。we-chatで私の中国人友達みんなに「この翻訳は合ってる?」と聞きましたが「すばらしい」との回答でした。(笑)















画像入口を入ってすぐのところで、おばちゃんが一生懸命、半熟玉子とちくわを揚げています。このお店の名物トッピングです。ほとんどの人が注文しています。他にも揚げ物はありますが、玉子とちくわ以外は作り置きです。

オーダーシステムは、まず天ぷらの注文を店員さんに言うと、紙に天ぷらの数を書いた紙を渡されます。同時に名前を聞かれて、揚げてるおばちゃんにオーダーが通ります。

うどんを丼に入れてくれるところで、うどんの大きさを注文して、レジでお金を払います。














画像丼にはつゆは入っていない、うどんの玉だけですので、それをここで湯がきます。わかりやすく「10秒くらい」と書いてますね。そんなもんです。「テボ」にうどんの玉を入れて・・・・そのテボのお湯を丼の中にも2回ほどかけて、丼を温めます。

これがないと「セルフ」とは言えないですね。

で、湯切りをしてうどんを丼に戻します。その隣にかけだしの釜がありますので、丼にかけだしを入れて・・・・後ろに無料トッピング・・・ネギ、ゴマ、天かす、ワカメがありますので、それを好きなだけ入れてできあがり。















画像そうこうしているうちに、揚げたての半熟玉子とちくわができます。「けいつーさん!」と呼ばれますので、返事をして天ぷらを受け取ります。

あつあつの揚げたてですねぇ。これがこのお店の売りですね。作り置きのイカ天ぷらも取りました。


















画像これをうどんの上にのせていただきます。くーっ、うまいっ!

さか枝先輩ん家(中学の先輩の家だというのがわかりました)から歩いて行けるくらい近いんですが、うどんもかけだしも違いますねぇ。かけうどん大200円、天ぷらはどれでも90円。合計、470円でした。

総合評価は★★★★星4つですね。ちくせいは11時からうどんがなくなるまでなので、この時間に来ないと終わってしまいます。

休みの日は1時半ぐらいだとダメかもしれません。昼だけしかやってないっていうのが残念ですが、日曜日もやってますのでまた来ましょう。

あれ?ホームページ見ると、支店が千葉の幕張や大阪にもありますね。びっくり。











画像
「竹清(ちくせい)」

住所:香川県高松市亀岡町2-23

交通手段:JR高徳線 栗林公園北口駅から437m 徒歩10分

電話:087-834-7296

営業時間:11:00~14:30(麺売り切れ次第終了)

定休日:月曜日

ホームページ:https://chikuseiudon.com/




この記事へのコメント

フリーダム
2019年02月23日 13:24
こんにちは、おひさしぶりです!
本場のうどん、美味しそう!
安いですねぇ~。
記事を拝見していたら無性に丸亀製麺へ直行したくなりました。別物だけど、今から行ってきまぁ~す!
けいつー
2019年02月23日 16:03
>フリーダムさん
お久しぶりです。・・・わかります。わかります。
こういうの見てると食べたくなりますよねぇ。光栄です。
松本にいる時は、私も丸亀製麺を利用しますよ。
3日前も釜揚げうどん食べました。

この記事へのトラックバック