おいしいもの食べ隊vol.67 東京 六本木「ボン・ムッシュ」★★★★☆

画像東京ネタです。先週、平日に有給を取って、1泊1.5日で東京へ遊びに行ってました。

なんと六本木の夜です。私のような田舎モンは、六本木に来ると緊張しますね。(笑)学生時代はお金がなかったので来れなかったです。今回は・・・・中学の先輩が六本木でフランス料理の店をやられているということでしたので、他の先輩と一緒にそのお店に集まりました。

11月に吉祥寺であった高松市立第一高等学校創立90周年パーティーの時に知り合った、2年上の先輩が同じ紫雲中学だったので、今度紫雲中学のOB会で飲もう!と言っていたのが実現しました。












画像六本木交差点の近くの幸楽苑の角を曲がって奥に入ったところ。公園があったり住宅があったり・・・六本木もちょっと路地を入るとこんなところがあるんだ・・・というところにお店はありました。

六本木という場所柄、隠れ家的なお店って感じで人気のようです。こじんまりとしたお店なので、すぐに満席になってしまいます。カップルで来るにもいいかもしれません。















画像なので面識があったのは、その高校の先輩Sさんひとりで、店主のKさん・・・通称ムッシュとしますが、高校は違いますが同じ紫雲中学。もうひとりの先輩T1さんは中学は違うけど、高校が同じ、あと私と同じ日本大学卒ということがわかりました。もうひとりのT2さんは・・・・席が離れてたのであまり話せなかったのですが、この4人の先輩が私よりも2年上です。それにもうひとりは10歳くらい下のKさん。坂出の人です。まぁ、結局全員、香川県人ということは間違いないです。(笑)

なのでムッシュとSさんは、私が中学1年の時に3年だったわけで、当時学校の中ですれ違ってるでしょうけど、認識はないですねぇ・・・が、正門脇にあった買い食いの店、みのやの話で盛り上がりまして・・・・昼休みに学校抜け出して、食べちゃいけないんですよ。たまに先生が来るからおばちゃんが店の奥にかくまってくれたりしました。(笑)カップ焼きそば食べたり、ジュース買いに行ったりしたよなぁ。ロイヤルクラウンのマスカット味ってのがあったような・・・・

「めんめで取って!」

ムッシュの讃岐弁口撃が始まりました。(笑)「めんめ」は「自分たちで」の意味で、「めいめい」がなまったんでしょうね。

というわけで、ヒラメエンガワのカルパッチョから始まりました。



画像
「なにがでっきょんな?」
讃岐弁で使われるこの言葉。なんちゃでっきょらんのに・・・なんやろ?ってことで、東讃のT2さんが、農家のおばちゃんの「なにがでっきょんな?」は野菜は今は何が取れる?の質問だそうで「今年のえんどう豆はおっきょい(大きい)やろ」がその回答。

しかし、漁師町のうちの実家の隣のおばちゃんも「なんがでっきょんな?」と言って家に入ってくるので・・・・これは英語で言う「How are you?」でしょうというKさんの解釈が正しいのではないかということになりました。(笑)

その讃岐弁の話で、例のコトデンの讃岐弁講座が話題に。みんな見てますね。

讃岐弁講座のリンク貼っとこう。

「わっせていんにょるで」

「コトデンの讃岐弁講座」

「ことでん讃岐弁講座」

この中だったら「わっせていんにょるで」が好きですねぇ。

琴平電鉄・・・略して「ことでん」。私が子供の頃はカタカナで「コトデン」でしたが、今はひらがなで「ことでん」ですね。

料理の方は・・・タコと菜の花とトマトのマリネ。




画像コトデンつながりで・・・・当時、コトデン瓦町駅が言ってみれば、高松の中心街だったわけで・・・・アーケード街の常盤街にはダイエー、ジャスコの2大デパートがありました。それからダイエー、ジャスコが撤退して・・・・一番栄えていた常盤街が今では一番寂れてしまって・・・・シャッター街です。(涙)

「まちへ行く」・・・というのが、この栄えてた頃の商店街へ行くことを表すのですが、みんなが「瓦町駅に行くとうれしかった。緊張する」というなかで、瓦町駅にはガラスの中に噴水のようにオレンジジュースが循環する自動販売機があった。自分で横の紙コップを取って、抽出口の下に置いてからボタンを押さんかったらいかん・・・・今考えると、不衛生的な考えられん自動販売機だった・・・・という話で盛り上がりました。

そういえば・・・・コトデンに乗るのは、たいてい電車でこんぴらさんへ行く時で・・・まだマイカーを持ってる家が少ない頃でした。同級生の家で車を持ってるのも少なかったです。うちの親父が免許を取って初めて車を買ったのも私が小学校5年くらいの時ですから・・・・34歳でしょう。それまでは、タクシーに乗るのも特別な時でしたからねぇ。そういう時代でした。

こんぴらさんから帰ってくる時に瓦町で降りて、商店街を歩きながら家に帰るってのがうちの家族や親戚のパターンでしたかねぇ。20円で買うオレンジジュースも特別なものでした。(笑)親戚のおじさんが紙コップを置く前にお金を入れてボタンを押したので、ジュースがいきなりピューって出て、あわてて紙コップ取って置こうとしたけど、間に合わないとか、紙コップが倒れてジュースがこぼれたとか・・・・セブンイレブンの100円コーヒーが普及した現在では考えられないですね。

画像「ワインを飲もう!」ということになって・・・・白ワインを。ソーヴィニヨン。



















画像「かんぱーい!」
ムッシュ、ありがとうございます。まさか六本木でこんな風に高松の話ができるとは思わなかった。楽しい香川県人会ですね。


















画像「この魚はなんでしょう?」

「ホウボウ!」

「どこで獲れるか知っとる?・・・・・ホウボウで獲れるんじゃ!」

というムッシュのナイスボケ。(笑)ホウボウの丸ごとロースト、イカスミソースです。これがまた外がカリッと焼けて、中の白身はふわふわでおいしい。改めてホウボウって食べたことあったっけ?って思いました。














画像「プラチナポーク(白金豚)と山芋のソテー」です。

いや、さすがフレンチ。どの料理もおいしかったですムッシュ。

ムッシュが、「紫雲中学で、夜中にフルチンでプールで泳いでて見つかって叱られた。」と言ってました。(笑)あれ、プールのすぐ横がアパートだったんで、夜中に騒いでたら翌日学校に連絡される・・・だったか・・・私の学年でもそれをやったやつがいて、やっぱり怒られてました。(笑)いつの時代も同じですねぇ。

というわけで、ごちそうさまでした。みんなで笑って楽しい、おいしいひとときを過ごせました。また呼んでください。

・・・・で、この後は・・・・六本木のちょっとだけ長い夜につづく・・・・









画像フランス料理「ボン・ムッシュ」

住所:東京都港区六本木7-12-15

交通手段:東京メトロ六本木駅から187m 徒歩5分

電話:03-3475-6612

営業時間:18:00~23:00

定休日:日曜日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック