四輪倶楽部 vol.77 「BMW Z4」

画像車ネタです。前回に引き続き、今回もBMW。

ドイツ車メーカーのグレード別でランクすると、個人的なイメージでは、ベンツ>ポルシェ>BMW, アウディ>フォルクスワーゲンって感じがします。ベンツも廉価グレードを出してきてるので、総合的クラスの自動車メーカーになりつつありますが。

BMWは、ベンツは買えないけど・・・ベンツはいかにもって感じだから・・・・という理由で選ぶか、少し若向き、走りに特化した・・・というイメージもあり、私もポルシェの次にドイツ車としては好きです。そしてBMWの中でもこれはいい!と感じてるのが2シーターオープンのZ4。全く買える可能性がない高嶺の花・・・・でもなく、もしかしたら買えるかもと思えるレベルでは、ダントツでかっこいい車です。9年前にも褒めてました。

ただ、2シーターオープンという車は実用的ではない・・・・2名乗車はまだしも、ほとんど荷物を積めるスペースがない・・・・だから、この車はバイクに近く、セカンドカーとして持てる身分ではないとありえないでしょう。

さて、そんなZ4の最新モデル、今年の春に出たばかりのG29をサービスエリアで目撃しました。遠目で見た時は、グリルの口の開き方とツリ目な感じで、AMGのGTかな?と思いましたが、近づいてみるとBMWの象徴的な豚の鼻、キドニーグリルにBMWのエンブレムで、「あ、BMWだ。」とわかりましたが、その大きさからZ4だと思わず、「8のカブリオレ?」と思いました。

後ろに回ってリヤのエンブレムで「Z4」と判明しましたが、前モデルのZ4はもっとコンパクトで、今回のモデルチェンジで全長が85mm、全幅で75mm拡大してます。どうして車ってモデルチェンジを繰り返すたびに大きくなっていくんでしょうねぇ。

この色「ポリバケツブルー」よりはちょっと濃いかなぁ。でもなんかイヤだなぁ。

画像このグレードはsDrive20i。直列4気筒2000cc ターボのモデルで、最高出力は197馬力(勝った!)駆動方式はFRです。

マツダのNDロードスターのRFがノンターボ2000ccですから、似たようなカテゴリーですかね。あとはポルシェ718ボクスターかな。

ただ、Z4には上位モデルのM40iがありまして・・・・3000cc直列6気筒の340馬力のやつですが、そうそう噂のトヨタスープラと兄弟のやつです。スープラも最初見た時は「カッコ悪い」と思ってましたが、最近は見慣れてきたせいか「そういえばかつてのスープラA80の面影はあるなぁ」と思うようになりました。先進のデザインというのは、やはり最初は抵抗がありますね。

気になるお値段は・・・・この2000ccのモデルで566万円、3000ccのモデルだと835万円と、また微妙に高嶺の花に近づきましたね。セカンドカーでこれが持てる人は・・・・あ、ファーストカーをこれで、セカンドカーを実用重視の軽ワゴンにすればいいのか。(笑)一件落着。

この記事へのコメント

2019年06月30日 19:58
BMやベンツはやっぱセダンでクルージングしたいですな。2ドアクーペもいいけど、こういうオープンはチョッとキライ。。。
けいつー
2019年07月01日 00:43
>nas-nasさん
高級ドイツ車はセダンでクルージング派でしたか。オープンは私も乗ったことないんですが、開放感があって気持ちいいそうですよ。外から丸見えではありますが・・・

この記事へのトラックバック