湯けむり探検隊 うさぎちゃんを探して vol.33 浅間温泉 「尾上の湯」

画像松本ネタです。温泉めぐり・・・うさぎちゃんを探して県内いろいろ温泉を回ってますが、なぜか今まで来れてなかった、浅間温泉の尾上の湯。

そう、ドラマ「白線流し」のロケ地としても有名な温泉です。橘冬美の実家の温泉旅館という設定でしたね。

















画像この玄関先、ここで電話してるシーンとか何回かありましたね。たしか七倉(酒井美紀)と冬美(馬渕英里何)が一緒にお風呂入ってるシーンもあったような。

1996年、ちょうど香川から松本へ引っ越す時に放送していたので、とても印象に残っています。あれから23年経ちました。
















画像橘冬美役の馬渕英里何が、香川県出身で、当時私が働いていた香川の工場の取引先の馬渕塗装の娘だというのを聞いて、一気に親近感が湧きました。(笑)その後もドラマで活躍してますね。

この頃は可愛かったですね。















画像TOKIOの長瀬智也や柏原崇、京野ことみに酒井美紀、いま考えると豪華メンバーでしたね。個人的には茅乃役の遊井亮子が好きでしたね。


















画像廊下には出演者のサインが飾ってありまして・・・・



















画像左から、酒井美紀、柏原崇、長瀬智也、京野ことみ、上に行って・・・中村竜、遊井亮子、馬渕英里何ですね。




















画像初回放送後も何度か続きましたよねぇ。懐かしいですねぇ。



















画像これは京野ことみと酒井美紀と誰だろう?サイン、変わってますね。



















画像はい、本題の温泉。建物が大正時代の古い建物だそうで・・・・もちろん、それなりに改装はされていますが、こじんまりとした印象です。



















画像やった。源泉かけ流し。浅間温泉も綺麗で大きな温泉化しているところは、循環式になってますから、かえってこういう古い旅館の方が、温泉本来の良さを楽しめる源泉かけ流しが多いです。

扇型という個性的な形の湯船。そんなに大きくないですね。タイル貼りも懐かしい感じです。

温泉は少し硫黄臭あり。お湯は無色透明。ぬるぬる感は特になかったかなぁ。














画像洗い場は3つ。シャンプーやボディソープは設置されてます。松をあしらった壁の模様もレトロな感じです。

















画像脱衣場はこんな感じ。客室が全部で7室なので、お風呂もそんなに大きくないんでしょうねぇ。こういう旅館がなんか秘湯っぽくていいです。



















画像恒例のドライヤーチェック。残念、コイズミのホテル用ドライヤー。壁に据え付けのタイプです。



















画像そしてパナソニックでした。こういう風に本体に電源コードをグルグル巻きにすると、根元の部分が極端に曲がり、中の電線が切れる不具合につながりますので真似しないでくださいね。



















画像ほんとに懐かしい感じの温泉旅館でした。

今回は残念ながら冬美も七倉もいませんでした。あ、うさぎちゃんもいませんでしたね。




浅間温泉「尾上の湯旅館」

住所:長野県松本市浅間温泉3-4-18

電話:0263-46-0567

日帰り入浴時間:16:00~21:00

定休日:なし

料金:大人 500円 小人 250円

源泉名:第2、4号源泉、山田源泉、大下源泉、東北源泉の混合泉

泉質:アルカリ性単純温泉 無色透明、微硫黄味

温泉の温度:50.2℃

水素イオン濃度:ph8.9

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、抹消循環障害、胃腸機能低下、軽症高血圧、糖尿病、軽い高コレステロール血症、軽い喘息または肺気腫、痔の痛み、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、自律神経不安定症、うつ状態、不眠症

シャンプー、ボディソープの設置あり

ホームページ:http://www.onouenoyu.co.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック