テーマ:椅子

至福の椅子 vol.12 「珠海の某取引先 開発部」

椅子ネタです。年末に1週間、年が明けてから2週間滞在した、珠海の某取引先。お昼を食べに行った後に開発部に戻ってきて、だいたい30分ぐらいは昼休みがまだ残ってますので、午後の始業までゆっくりして・・・・と言われます。 中国人は昼食の後、昼寝をする習慣があるので、昼休みは1時間半が普通です。私は特に昼寝をする習慣はないので、寝ないでパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至福の椅子 vol.11 「杭州湾坏球大酒店」

中国ネタです。至福の椅子・・・・今回は、先々週行ってた浙江省慈渓のホテル、杭州湾坏球大酒店の客室のソファです。 今までは、1ランク高いA棟の部屋に泊まっていたのですが、連泊じゃないと割引が効かないものですから、今回は1ランク下のB棟の部屋です。差額は100元(1700円)だったかな。まぁ、高い部屋に泊まってもいいんですが、今後、部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至福の椅子 vol.10 「羅湖大酒店」

しかしまぁ・・・世の中はお盆休みだったよというのに、まったく休みじゃなくて普通に仕事してたという・・・それで今日からまた普通に仕事で・・・まぁ、昨日1日休みましたから・・・と言って、半日家で仕事してました。休み中にやっとけという上司からの仕事がありましたもんで。ほんとよく働きます。 さて、2週間の深セン生活、オンとオフ、本当に充実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至福の椅子 vol.9 「国立新美術館」 

台風12号、東から西へ進む異例の台風・・・・西日本の皆様大丈夫でしょうか?昨夜、私は東京におりまして、夕方の高速バスで新宿から松本へ帰ろうと思ったら、私の乗るバスから運休となってしまい、あわててJRの方へ行ったら、なんとあずさも7時の便以降、運休になるということを駅員さんから聞き、「18:00のあずさがもうすぐ出るから、ダッシュで行けば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至福の椅子 vol.8 「軽井沢プリンスショッピングプラザ タリーズの椅子」

2年半前からすっかり停滞していましたこのシリーズ。久々のアップです。 昨日行った、軽井沢プリンスショッピングプラザのタリーズの椅子です。ここのタリーズには何種類かの椅子があるんですが、この椅子がデザイン的にも座り心地的にも一番良かったです。 ちょっと硬めですが、しっかり身体をホールドしてくれます。高さも大きさもちょうどいい。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あ!このイス!

ネットで見つけた北欧アルネ・ヤコブセンのエッグチェア。 以前、書いた「至福のイス」vol.2のじゃないか?一脚44,980円・・・・そこそこしますね・・・座り心地のいい椅子はこんなもんかな・・・ あれ?似てるけど微妙に違う・・・・・ニセモノですね。(笑)背もたれの形状が湾曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至福の椅子 vol.7 「上海虹橋空港 ハーゲンダッツ」

昨年8月以来、久々の至福の椅子。今回は上海虹橋空港にあるハーゲンダッツのソファです。 深セン行きの飛行機の出発を待つ間、ハーゲンダッツで過ごしました。 ベルベット調の肌触りが何とも言えません。柔らかすぎずほどよい硬さ。しっかりした安定感。安心して身を預けられます。これがいい椅子の条件でしょうね。 そういえば、先日、松本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

至福のイス vol.6 「花園酒店」

至福のイス、今回は福永にある花園酒店の中餐庁のVIPルームにあるイス。 応接セットの一部のイスで、これは一人掛け用です。一人掛けでこの大きさ、中国ではこういうどっしりとした肘掛の広いデザインが多いです。私なんかこの肘掛の部分に座るだけでも十分イスの役目を果たしてると思うのですが。 しかしまぁ、重厚長大なデザインコンセプト。豪…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

至福のイス Vol.5 「安徽省某工場」

達さんのご要望にお応えして、久々の至福のイス。今回は安徽省の工場で作ってたイスです。 これデザインも結構未来的で・・・私、好きですねぇ。スタートレックのエンタープライズのイスになりそうな感じです。 実はコレ、骨盤マッサージを兼ねてまして、オシリの部分がキュッと押し付けられるようになります。骨盤を閉じてオシリを小さくするので女…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

至福のイス Vol.4

今回は某工場のホールにあったベンチ状のイス。 一見、なんでもなさそうな長椅子ですが、これが意外。フワーッとして身体を包み込むような感じです。椅子の本質はいかに体重を分散させて、単位面積当たりの荷重、私たちの専門用語で言えば、「面圧」を小さくするかです。 これを小さくすることによって、局部への荷重の集中をなくし、身体への負担を…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

至福のイス Vol.3 「宝利来国際大酒店」

今回の至福のイスは、ちょっと指向が違うんですが・・・座り心地、見た目じゃなくて、ただ「高い!」というだけのものです。 前回のラーメントレックで訪れた福永の宝利来国際酒店の1階ロビーにあったイス。イエローペアウッド、黄花梨という梨材でできたイスで、これだけ大きなものが作れる材料が希少ということでしょう。 明朝、清朝時代の古典家…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

至福のイス Vol.2 「中南海怡酒店」★★★

新しいシリーズ作っておいて、1回しか書いてなかった・・・・(笑) 今回の至福のイスは、事務所の近くのホテルのロビーにあったイス。身体を包み込むような特徴のある形と、赤が鮮やかです。 座ってみると・・・・包み込む感じではあるのですが、ちょっと硬いかなぁ。もっとこうフワッって感じで包んでくれる方がいいですね。 あと、デザイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

至福のイス Vol.1

また新しいシリーズを思いついてしまった。(笑)題して「至福のイス」。 普段、いろんなところに行く機会のある私は、いろんなイスに座ることがあるのだが、やはりイスというアイテム、これは人間にとってとても重要な役割のあるアイテムであると常々思う。 二足歩行で歩くようになってから、人間は座って休憩する・・・必要があるのだ。 そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more