■けいつ〜の今日も一日楽しかった? part-2■

アクセスカウンタ

zoom RSS トムのおでかけ

<<   作成日時 : 2018/06/30 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

画像6月初めに亡くなった妹の件で、おふくろとトムが高松と大宮を2往復しました。まぁ、その道中も残しておきましょう。

妹の病状を先生から聞いて、前夜、新幹線で大宮の病院から高松の実家へ移動した私は、朝、おふくろにその事実を伝え、一緒に大宮の妹のところへ行くことにしました。おふくろ一人でいいと思っていたのが・・・なんと・・・・トムをどこにも預けられないと。ペットホテルや預かってくれる病院はあるのですが、以前飼ってた同じプードルのエミリーが預けているうちに死んでしまったことと、トムはおふくろ以外の人から与えられるエサを食べない・・・・という超過保護状態からどこにも預けられない・・・・とおふくろが言うのです。

また、息子も娘も同居していない現在では、このトムがおふくろにとって子供同然の存在なのです。トムも一緒に連れて行かねばなりません。

最初は飛行機で・・・と思いましたが、ペットは客室には同情できず、ケージに入れられて貨物室行きというのがわかって、さすがにそれは可哀想だろうと、時間はかかりますが新幹線で大宮まで向かうことにしました。実家から歩いて高松駅へ。









画像トムもトムなのですが・・・・この段階で、おふくろは妹のがんの件と、余命が長くないことも知ってしまいましたので・・・・悲しさを紛らわせることと、落胆・・・・それをずーっと私に話しっぱなしです。・・・・・しょうがない。現実を受け入れるしかないし、何もできない・・・・二人でずーっと話していました。

マリンライナーで岡山に着いて、新幹線に乗り換え。
















画像トムはこのバッグの中に入って、手荷物扱いで280円だったか・・・・・電車の中では頭をバッグの中に入れなければなりません。ベンチでちょっと休憩。




















画像ほんとは新幹線の中では入ってなければならないですが、水分補給のためにプチトマトを食べます。トムはこのプチトマトが大好物なようで・・・

いつもなら、私とこんな至近距離なら吠えまくるんですが・・・・この時は全然吠えなかったですね。


















画像大宮から病院までのニューシャトルの中。朝から6時間くらいかかってますから・・・・トムもだいぶ疲れたようです。

もちろんトムは病院内には入れないので、外で妹の娘たちと待ってました。

















画像私は一旦、これで松本に帰り、おふくろは病院で妹と1日半過ごし・・・・トムと一緒に高松へ帰るのですが、新幹線で帰そうと・・・・いや、さすがにおふくろ一人では新幹線の乗り換えや、長時間のトムの同行は無理そうです。それでまた私が車で大宮に来て、おふくろとトムを車で高松まで送ることにしました。


が、お昼過ぎに大宮を出たものですから・・・・どう考えても高松に着くのは深夜になってしまうので・・・・・一度、松本の私の部屋へ寄って、一泊しました。

で、翌朝6時くらいに松本を出発。何度かサービスエリアで休憩しながら高松へ向かいます。おふくろがトイレに行ってる間、私がトムのリードを持ってるんですが・・・・嫌いな私につながれていて、絶大な信頼のおふくろが離れて見えなくなりますから・・・・・トムがもうパニックで。(笑)なだめようと私が触れると、さらに緊張して固くなってしまいます。こまったもんです。

おふくろがトイレから帰って来ると、もうトムは嬉しくて嬉しくて、抱っこをねだります。ほんとにもう・・・・超過保護。







画像おふくろが「アイスクリームを買おう!」とお店に入って行きました。トムはついて行こうとしますが、お店には入れませんので・・・・私にリードを掴まれて・・・・また、パニックです。



















画像こんな風におふくろと二人きりで長時間どこかへ行ったことはなかったなぁ・・・まさか、こんなことで実現するとはなぁ。こんなに長時間話すこともなかったんじゃないかと。

実はこの時は、おふくろには妹の余命が1ヶ月以内だということは言ってませんでした。義弟とそうしようと相談したことです。もしもおふくろにそれを言ってしまうと、帰れなくなるだろうし、かえって妹も心の負担が大きいと・・・・妹自身も余命1ヶ月以内は知っていました。なんとも心が痛い・・・・

この時は妹も調子はよかったので、普通に会話もできて、「じゃまた来るね」と私やおふくろと別れたのですが・・・・それが妹と最後に交わした言葉でした。
















画像それから10日後、妹の容体が急変し、私は車で大宮の病院へ向かい、残念ながらその時にはもう意識がなく、会話もできない状態で・・・・結局、息を引き取ってしまいました。

おふくろに電話で妹が亡くなったことを伝え、大宮に飛行機で来るよう手配しました。実はたぶん、そういう時が近いうちに来るだろうと、車でおふくろとトムを車で送った時に、連絡用の携帯電話と、空港でトムを預けるにはどうしたらいいかを調べておいたのです。

なので、その時に私が大宮から飛行機のチケットを手配して、空港への段取りを携帯でおふくろに伝えて、トムといっしょに羽田まで来させることができました。誰か親戚の人に頼めば・・・・・でしたが、この時に義弟、おふくろと相談し、葬儀は親戚には伝えず、家族葬にすることが決まっていました。

羽田空港でケージに入れられて、高松から貨物室にいたトムとの再会です。おふくろの隣の席に座った人が、預けているトムを見たいと言うので、一緒に来たようです。







画像羽田に着くなり、おふくろがトイレに行ったので、またトムはバッグの中で私に首を掴まれて固くなっています。だって、鳴くんだもん。



















画像妹の自宅でのトム。このカーペットから外には絶対出ないって・・・・なんでしょうねぇ。



















画像葬儀も終わり、おふくろとトムを飛行機で高松へ帰します。大宮から車で羽田へ向かう途中、皇居で休憩。

トムを皇居の公園内で散歩できると思ったのですが、金曜日のため閉園。残念。二重橋の前で写真が撮れるかと思いましたが、ここで我慢。
















画像羽田の荷物カウンターで、ケージに入れられるトム。入りたくないようです。(笑)



















画像というわけで、無事、荷物と一緒に飛行機に運ばれていきました。

トム、お疲れさん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
妹さんが思いもよらない病院で急逝されて大変な数週間を過ごされたのですね。
フェイスブックでいざスタートという愛車の写真をアップされていた時はお母さんとご一緒だったのではしね。
いつもは吠えられるトムが今回ばかりは吠えなかったというのは不思議ですね、。

2018/07/07 09:21
>逹さん
本当にねぇ・・・言葉にならない3週間でした。一番辛いのは妹の旦那と娘たちだと思います。おふくろもショックはショックでしょうけど、自分でも言ってましたが、毎日顔合わせてるんじゃなくて、1年に1回か2回帰省するくらいの嫁に行った娘だから、遠くに行って会えなくなったと思えば、少しは気が楽だそうです。

そうなんですよね。私の顔を見ると一目散に逃げて遠くから吠えるトムが別人・・・いや別犬のようでした。
けいつー
2018/07/07 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
トムのおでかけ ■けいつ〜の今日も一日楽しかった? part-2■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる